睡眠時間に個人差がある理由

人は必ず睡眠をとる生き物です。しかし、睡眠時間には人それぞれ個人差がありますよね?短時間睡眠で大丈夫な人から、長時間寝ないとダメな人まで、人の睡眠時間はさまざまです。一般的に多いとされている睡眠時間は7時間から9時間睡眠ですが、なぜ睡眠時間には大きな個人差があるのでしょうか?こちらで簡単にご説明します。では、まずはじめに人は疲れをとるには何時間眠ればいいのでしょうか?
睡眠時間が短いほど、脳が劣化し、老化が始まり認知力が低くなるとされている。また、できるのであれば10分でも15分でもお昼寝はしたほうがいいのである。お昼寝をすることによって、昼寝後の行動が活発になるので、仕事や勉強の効率が上がるのである。なんで、理想の睡眠時間は6時間から9時間ほど。それにプラス10分でも15分でも昼寝が出来たら理想的な睡眠といえる。あなたの睡眠時間はどのくらいですか?

ひっつき虫は絶滅危惧種?!

幼いころに野原や草が生い茂っているところで遊ぶといつの間にかくっついている、「くっつき虫」。くっつき虫を集めるだけ集めて、友達めがけて投げて遊んだ人も少なくないでしょう。そのくっつき虫こと、「オオモミ」が環境省の絶滅危惧種に指定されていてというから驚きです。また、地区によってはすでに絶滅していることもあるようです。子どもたちの昆虫離れも進んでいるが、年齢層が高い大人からしてみると懐かしく恋しい虫までいなくなってしまうのはとても悲しいことですね。ジャポニカ学習帳に昆虫が消えてしまったのも話題となりましたが、実際に親しんだ昆虫までいなくなってしまうとは・・・これもひとつの時代の流れなのでしょうか。

DJ住職

兵庫県のコミュニティFMラジオ局で神社の宮司、寺の住職、キリスト教の牧師がDJを務め、30分のトークを繰り広げる番組が話題になっているらしい。番組名はその名も「8時だヨ!神さま仏さま」。「8時だヨ~!」「神さま仏さま~」というどこかで聞いたようなタイトルコールで始まるこの番組のコンセプトは、神様、仏様に親しんでもらうこと。寺社巡りや仏像見物に行列ができ、宗教本のヒット、神社やお寺がちょっとしたブームになっていることから放送が開始された。宗教の違いもあるし、話が難しいのでは?と思いきや、内容はトークを楽しむ番組で宗教を戦い合わせる番組でもないので、宗教の違いを比べて楽しむことができるという。

そういえばお坊さんたちで結成された「坊さんバンド」なんてバンドもあったり、ニコニコ動画で木魚やお鈴などの仏具で演奏をした動画を投稿している住職もいたりする。神や仏に仕える身で…と意外に思ってしまうが、住職や宮司と言っても親しみやすいキャラクターの人も多いのかもしれない。

神戸製鋼コベルコスティーラーズ

神戸製鋼コベルコスティーラーズとは、兵庫県神戸市を本拠とするジャパンラグビートップリーグのチームの一つである。1928年に創部。1988年から1995年まで神戸製鋼所ラグビー部として関西社会人リーグ、全国社会人大会、日本選手権の3冠を独占した。日本代表級の主力選手を多数擁したほか、当時現役オーストラリア代表であったイアン・ウィリアムス、日本代表にも選出されたアンドリュー・ミラーなど外国人選手を他チームに先んじて活用し、日本を代表する名門ラグビーチームに成長した。地元の高校生を一から育成せず、体の出来上がった有望な大学生をリクルートし「勝ち方」を教え込むスタイルをとっている。東山勝英が主将に就任した際、監督制の下では「練習をやらされている」という意識が選手間に根強く残っており、そのため試合に結果が出ないと結論付け、監督制を廃止した。これに倣って監督制を廃止する社会人チームもいくつか出現し、社会人ラグビーの世界では監督制の廃止が一種のブームになったこともあった。この監督制の廃止が、神戸製鋼が7年間優勝を果たした一番の要因とも言われている。

汐留駅

1872年10月14日に日本最初の鉄道路線の起点として開業した新橋駅がこの駅の始まりである。
リチャード・ブリジェンスの設計による木造石張り2階建ての西洋建築の駅舎があり、長らく東京のターミナル駅として機能していた。
また1873年9月には、当駅と横浜駅との間で日本初の貨物列車の運行が開始された。
1日1往復の運行で、イギリス製の有蓋車や無蓋車を使用していたという。

一本列島

本州と九州の間は1942年の関門鉄道トンネル開通以降、関門国道トンネル・関門橋・新関門トンネルが次々貫通して一体化が進みつつあったが、北海道・四国との間は戦後も長らく陸上交通では結ばれておらず、日本国有鉄道の運営していた青函連絡船・宇高連絡船・仁堀連絡船、更に民間航路で連絡するという時代が長く続いていた。 それでも戦前から橋ないしはトンネルによって日本列島4島を結ぼうという構想はあり、1954年の洞爺丸事故や1955年の紫雲丸事故を受けて青函トンネルと瀬戸大橋の建設が決定、前者は1961年に、後者は1978年に着工された。

ルイージ・ルッソロ

ヴェネト地方のポルトグルアーロに生まれる。
父親はラティザーナの教会楽長であった。
兄弟もやはり音楽家になり、そのうち兄アントニオも未来主義の音楽を作曲した。
1901年にミラノに出てブレラ美術館に足繁く通い、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会にてレオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の修復作業に参加。
処女作においては、点描技法を用いて、都会や産業界を幻想的に描き出している。
未来派運動を信奉して、未来主義者のフィリッポ・トンマーゾ・マリネッティに近しく師事。

ヤンゴン

ヤンゴンは、6世紀に当時低地ビルマを支配していたモン族によって、ダゴンの名で創設された。
ダゴンはシュエダゴン・パゴダをほぼ中心とした小さな漁村であった。
1755年、アラウンパヤー王がダゴンを征服し、ヤンゴンと改名し、ダゴンの周囲に入植した。
英国は、第一次英緬戦争中にヤンゴンを占領したが、戦後にビルマに返還した。
1841年、街は火災で壊滅した。

ピョートル・ストルイピン

1906年7月21日ゴレムイキンの後任として首相に就任する。
ストルイピンが首相に就任した時期のロシア帝国は、増大する社会不安の中で、国民の中に革命思想が澎湃とする中、テロリズムも横行し、ロシア全土では多くの政治家・官僚・官憲らが暗殺され帝政は危機的な状況を呈していた。
土地改革に一部の反対派を取り込むことでめどをつけたのを機会に、首相就任翌日の7月22日、第一国会を解散する。
1907年第二国会選挙が実施され、ロシア社会民主労働党、エスエル及びトルドヴィキなどの左派政党が躍進し、国会は革命派色が濃厚となった。
ストルイピンは、第一国会と全面衝突してゴレムイキン内閣が崩壊した轍を踏むことを恐れ、6月3日社会民主労働党の国会議員を逮捕し、国会を解散に追い込んだ。

ジェフリー・パーカー

ジェフリー・アラン・パーカーはリバプール大学の生物学教授である。
彼は特に行動生態学と進化生物学に関心を持っており、1970年の精子競争の概念の提唱と、それ以降の進化生物学へのゲーム理論の応用によって有名である。
1972年にR.R.ベイカー、V.G.F.スミスと彼は異形配偶と二性の進化に関する理論を提唱し、1979年には性的な対立に関する最初の理論的な分析を行った。
彼の研究はつがい相手探しの競争の進化、動物の分布、動物の闘争、家族内の進化的対立、複雑なライフサイクルなどである。
パーカーはチェシャー州リムのリム・グラマースクールで教育をうけ、1965年にブリストル大学から理学士を、1969年にH.E.ヒントンの元で理学博士を取得した。
彼の博士号はハエの繁殖行動と性選択の性質に関するもので、性選択の詳細な量的テストを行い、これは生物学で最適化モデルを用いた初期のケースであった。