キョンキョン特集、即売り切れ

90ページにわたる小泉今日子大特集が組まれた4日発売のカルチャー誌「MEKURU」が発売当日に飛ぶように売れ、即日完売となったそうだ。発売翌日には1万件以上の注文が殺到し、版元ではすぐに重版を決定したが、それでも全国の店頭に並ぶのは今月末になる見通しだという。出版不況の中、カルチャー誌というコアなジャンルで記録的な本を作り上げたのは、従業員わずか5人の出版事業部だったそうだ。
発売日である2月4日は小泉今日子の50歳の誕生日。東京・築地のオフィスの電話は鳴りっぱなしになったという。13年11月に創刊した不定期のカルチャー誌。発行・発売元はキャスティング会社で、「MEKURU」を作るのはフリーランスの編集長1人、部長1人、編集者1人、出版プロデューサー1人、販売担当者1人のわずか5人。『みんなのキョンキョン 誰も知らない小泉今日子』と題した特集号は、”MEKURU史上最高”の反響を予想し、「異例の数字を最初に積んだ」という。
キョンキョン人気を想定し、通常号より大幅増刷。カルチャー誌という特性上、「1年かけてゆっくり」売るつもりで見積もった数字だったそうだが、発売されるや、注文や問い合わせの電話が殺到。「こんなことってあるのか、というぐらいの反響と売り上げ。パニックになりました」と関係者は語る。12日の時点でも電話は鳴りやまず、留守番電話で注文を受け付けるなど対応に追われたという。
カルチャー誌と言えば、コア&マニアックな視点でディープに掘り下げることが特徴だ。大衆向けの雑誌や本と違い、取次店も少ない。今回は想定を上回る反響の大きさにすぐ重版を決めたそうだが、印刷所や取次店などの事情もあり、書店などからの注文に対しては「『重版待ち』としかお答えできない状況です」と恐縮しきり。今後は迅速な対応に努めるとしているという。
アイドル時代から最近の女優としての活躍など、幅広い層から支持を得て多くの人を魅了し続ける小泉今日子の特集だからこそ、これだけの反響を呼んだのだろう。従業員5人だけで作った雑誌でここまで話題になるとはすごいことだ。