睡眠時間に個人差がある理由

人は必ず睡眠をとる生き物です。しかし、睡眠時間には人それぞれ個人差がありますよね?短時間睡眠で大丈夫な人から、長時間寝ないとダメな人まで、人の睡眠時間はさまざまです。一般的に多いとされている睡眠時間は7時間から9時間睡眠ですが、なぜ睡眠時間には大きな個人差があるのでしょうか?こちらで簡単にご説明します。では、まずはじめに人は疲れをとるには何時間眠ればいいのでしょうか?
睡眠時間が短いほど、脳が劣化し、老化が始まり認知力が低くなるとされている。また、できるのであれば10分でも15分でもお昼寝はしたほうがいいのである。お昼寝をすることによって、昼寝後の行動が活発になるので、仕事や勉強の効率が上がるのである。なんで、理想の睡眠時間は6時間から9時間ほど。それにプラス10分でも15分でも昼寝が出来たら理想的な睡眠といえる。あなたの睡眠時間はどのくらいですか?