汐留駅

1872年10月14日に日本最初の鉄道路線の起点として開業した新橋駅がこの駅の始まりである。
リチャード・ブリジェンスの設計による木造石張り2階建ての西洋建築の駅舎があり、長らく東京のターミナル駅として機能していた。
また1873年9月には、当駅と横浜駅との間で日本初の貨物列車の運行が開始された。
1日1往復の運行で、イギリス製の有蓋車や無蓋車を使用していたという。