ジェフリー・パーカー

ジェフリー・アラン・パーカーはリバプール大学の生物学教授である。
彼は特に行動生態学と進化生物学に関心を持っており、1970年の精子競争の概念の提唱と、それ以降の進化生物学へのゲーム理論の応用によって有名である。
1972年にR.R.ベイカー、V.G.F.スミスと彼は異形配偶と二性の進化に関する理論を提唱し、1979年には性的な対立に関する最初の理論的な分析を行った。
彼の研究はつがい相手探しの競争の進化、動物の分布、動物の闘争、家族内の進化的対立、複雑なライフサイクルなどである。
パーカーはチェシャー州リムのリム・グラマースクールで教育をうけ、1965年にブリストル大学から理学士を、1969年にH.E.ヒントンの元で理学博士を取得した。
彼の博士号はハエの繁殖行動と性選択の性質に関するもので、性選択の詳細な量的テストを行い、これは生物学で最適化モデルを用いた初期のケースであった。