エルフリーダ・アンドレー

父親は医者のアンドレアス・アンドレー、姉はオペラ歌手のフレーゼリカ・ステーンハマル。
ルードヴィグ・ヌールマンとニルス・ゲーゼに師事。
スウェーデンにおける女性解放運動の活動家であり、スカンジナビア諸国で最初に公式の女性オルガニストに就任した。
1861年にストックホルムで音楽活動を開始し、1861年にはヨーテボリ大聖堂のオルガニストに就任する。
長年の貢献に対して、スウェーデン王立音楽院の一員に迎えられた。