ツタヤ図書館、なぜ反対?

全国で開設や計画が相次ぐ「ツタヤ図書館」。書店やカフェもあって利用者が増える、と自治体は説明するが、愛知県小牧市では反対の住民の方が多かった。なぜなのだろうか?
反対で3万2352票、賛成2万4981票。小牧市で計画されている新図書館建設をめぐる4日の住民投票の結果、レンタル大手「ツタヤ」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)と連携する計画は一時停止に追い込まれた。
市は昨年4月に新図書館の計画を発表し、同8月にCCCを連携事業者に選んだ。老朽化し、蔵書スペース不足が目立つ現在の図書館は建て替える必要がある一方、再開発が進まず活気がない中心市街地に「ツタヤ図書館」を建てれば人が集まり活性化する。建設費は約42億円。延べ床面積を約2.6倍、最大収容冊数を2倍強に増やし、書店やカフェを併設。3年後の開発を目指していた。参考にしたのは佐賀県武雄市が2013年に開設した全国初のツタヤ図書館。市外からの訪問者も多く、武雄市は食事や土産など年間の経済効果を約20億円とはじく。
小牧市民はなぜツタヤ図書館に反対したのか。住民に聞くと「税金の無駄遣いでは」「ツタヤのサービスはツタヤで利用すればいい」など高額な建設費に対する批判が目立ったが、「民間企業が本を選ぶと利益優先になる」という懸念も多く出た。
武雄市図書館では、CCCと出資関係があった古本業者から中古本を購入していたことが発覚。市民から「在庫本の押し付け」「貴重な郷土料理などが蔵書からなくなる」といった批判や不安が出た。
商業施設ではなくあくまで市立の図書館なので、確かに抵抗があるのもわかる気がする。